FANDOM


テンプレート:文学魔術師のおい』(まじゅつしのおい、原題:The Magician's Nephew )は、C・S・ルイスによる児童文学「ナルニア国ものがたり」7部作のうち、6番目に執筆・出版された作品。1955年に出版された。ナルニア年代記として時系列順にみると、『ライオンと魔女』に先立つ最も古い時代、ナルニア創成期の物語にあたる。岩波書店から出版されている日本語版の翻訳は瀬田貞二による。

概要 編集

ナルニアの天地創造の物語である。聖書創世記アナロジーになっているが、宗教くささはない。

テンプレート:ネタバレ

登場人物 編集

  • ポリー・プラマー:ロンドンに住む女の子
  • ディゴリー・カーク:ポリーの隣の部屋に住む男の子
  • アンドルー・ケタリー:ディゴリーの叔父で錬金術師
  • レティティア・ケタリー:アンドルーの妹
  • ジェイディス:異世界チャーンの最後の女王
  • フランク:ロンドンの馬車屋
  • ヘレン:フランクの女房
  • イチゴ:フランクの馬車馬
  • アスラン:ライオン、ナルニアの創造主。

あらすじ 編集

魔術師アンドルーは、異世界と行き来のできる魔法の指輪を作った。その効き目を試そうとするアンドルーの策略により、甥のデイゴリーとその遊び友達ポリーは「世界と世界の間の林」に飛ばされる。そこにはいくつもの池があり、それらの池はそれぞれ別の世界につながっていた。

池のひとつから滅びた世界チャーンにいったポリーとディゴリーは、その世界の最後の女王ジェイディスに出会う。二人がロンドンに戻るとき、ジェイディスがついてきてしまい、ロンドンで大変な騒ぎを引き起こす。二人はジェイディスを元の世界に連れ戻そうとして、別の世界にジェイディス、叔父アンドルー、馬車屋とその馬とともに入り込んでしまう。

その場所は最初からっぽで暗闇に包まれていたが、やがて不思議な歌とともに新しい世界が創造され始めた。ナルニアの誕生である。

日本語版 編集

  • 魔術師のおい ナルニア国ものがたり (6) (ポーリン・ベインズ(イラスト)、瀬田貞二(翻訳)、岩波書店)
be:Пляменнік чарадзея

bg:Племенникът на магьосника cs:Čarodějův synovecfi:Taikurin sisarenpoika fr:Le Neveu du magicien he:אחיינו של הקוסםit:Il nipote del mago ka:ჯადოქრის დისშვილი ko:마법사의 조카 mk:Внукот на маѓепсникот ml:ദ മജീഷ്യൻസ് നെഫ്യു (നോവൽ) ms:The Magician's Nephew nl:De Kronieken van Narnia: Het neefje van de tovenaar no:Drømmen om Narniaqu:Umup kunchan ru:Племянник чародея sk:Čarodejníkov synovec sr:Чаробњаков нећак sv:Min morbror trollkarlen th:กำเนิดนาร์เนีย tr:Büyücünün Yeğeni uz:Jodugarning jiyani zh:魔法師的外甥

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki